ビリろぐ - Billyken WebLog from AKITA CITY-

billyken.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:The KING LION( 25 )

THE ACTION vol.2 @ CLUB SWINDLE

e0314002_20585850.jpg

e0314002_20592764.jpg


RIDDIMATESの黒須遊という男とは古い戦友。2000年ぐらいにHEAD SLIDERとSTEP BY STEPとして出会い、違うバンド始めたっつーんでRICO東北公演にオファーし、その後秋田でも共演を重ねて、えっと、まー、あれだ、腐れ縁ってヤツだな。

そんなワケで来週11月25日金曜、CLUB SWINDLEでのなつお君企画にThe KING LION出演させていただきます!ゲストはRIDDIMATES & 音の旅crew!タイムテーブル発表されております。トリで22時半からKILLER SKAやらせていただきます。お仕事帰りでも間に合いますよきっとおそらく多分メイビー。ご予約はお気軽に!

"THE ACTION vol.2"
RIDDIMATES DIVE ep Release Tour ダイブいいね!!
11月25日(金)@秋田CLUB SWINDLE

17:45 OPEN / 18:00 START
ADV:2,800 / DOOR:3,000円(+1D)
20歳以下 ADV / DOOR:2,000円(+1D)
 
LIVE ACT>>
RIDDIMATES
音の旅crew
The KING LION
英心&the friends
WEED
バッカ
ヒラク

DJ ACT>>
黒須遊(RIDDIMATES)
Billyken(The KING LION)
エガワマナ(ヒラク)














[PR]
by billyken69 | 2016-11-20 20:55 | The KING LION | Comments(0)

大松川フェス2016

e0314002_2173078.jpg


10月9日日曜、横手市山内大松川ダム公園にて開催される野外フェス「大松川フェス2016」にThe KING LION出演させていただきます。ダムです。自然です。ナイスメンツです。開催に向けてご尽力された関係者の皆様に深く敬意と愛を。お家族連れでも是非。SKA演ります。夜はCODEのレコ発に行きます。 #ステマ

タイムテーブルが公開になりました!
The KING LIONは3時のオヤツの時間にダムでKILLER SKA演ります。
キングダムです。

e0314002_2181036.jpg


---------

大松川フェス2016
2016年10月9日 日曜日

会場/横手市山内 大松川ダム公園
横手市山内大松川字古沼(大松川ダム奥)
10:00-18:00(ライブスタート12:00)
前売チケット/2,000円 当日チケット/2,500円
(ともに会場で使える500円チケット付)
 
-Live-
The KING LION
宇宙民族
艶消
THE PRIVATE JINX
ゆるゆる軽音部
OSCAR
イグッスベイ
バッカ
TERA
A.D
and more...
 
-DJ-
おすぎRX
KADDY
sumitani
RAWPOWER DJs'
MICHISUKE
TOTTI HIWA
YUMEBILLY
DJ マカイムラ
kamijah
and more...
 
-出店-
樫食堂
細川農園
山内いものこ愛好会
石窯ピッツァヒワタシTG
FLAME STORE
 
-DECO-
mi-light
 
-Facebookイベントページ-
https://www.facebook.com/events/1849578901942931/
 
お問合せ先
ohmatsukawafes@gmail.com
[PR]
by billyken69 | 2016-09-18 21:06 | The KING LION | Comments(0)

qimygo 東北ツアー × 英心 New 7inch リリース記念パーティー !!

e0314002_2141202.jpg


9月2日金曜日、DUKE ROOMにてThe KINGLIONライブです。20時から40分間SKA演ります。
英心&The Meditationalies、qimygoちゃん、TOP DOCAのおじさんとガッツリ濃厚な時間をお届けしたいと思います。秋田でこのメンツが揃うのはなかなかな夜です。SKA・REGGAE初体験の方も是非是非。極上メンツです。

qimygo 東北ツアー × 英心 New 7inch 「知らないリズム」リリース記念パーティー !!
2016年9月2日(土)@ Bar DUKEROOM(秋田市大町3丁目2-32)
予約2500円/ 当日3000円+1D


LIVE ACT>>
qimygo band set
英心 & The Meditationalies
The KING LION


DJ ACT>>
TOP DOCA (こだまレコード)


TIME TABLE>>
19時半open DJstart
20:00 Live The KING LION (40分)
21:00 Live 英心 & The Meditationalies (40分)
22:00 Live qimygo band set (50分)


Facebookイベントページ>>
https://www.facebook.com/events/1801904960043358/

--------------

キミーゴ プロフィール
ダム&ジャンクション!が好き、スポーツ万能じゃない帰宅部シンガーソングライター。
ジャマイカンミュージックの魔法に魅せられ、学生時代より作詞作曲をはじめる。
2015年に1st7インチ「アメノヒ/Marble」、1stミニアルバム「暗闇ファンファーレ」を発売し、全国各地でライブを行う。2016年4月2nd7インチ「言葉のいらないうたばかり/電話をするよ」を発売。
鍵盤ひとつでどこへでも!メンタルの弱さを武器に活動中。
今回の東北ツアーでは、管楽器を含む6名編成のバンドセットで登場!
ライブ情報など詳細はqimygo.comでチェック。




[PR]
by billyken69 | 2016-08-28 21:41 | The KING LION | Comments(0)

The KING LION札幌公演 - SKA DELIGHT 2016

e0314002_21513255.jpg

Photo:The KING LION - SKA DELIGHT 2003@札幌 旧King Xmhu

明日8月20日土曜、The KING LION札幌公演。10年ぶりの札幌、13年ぶりのSKA DELIGHTです。
札幌CITYはキングライオンと深い深い繋がりがある土地でして。1st Album「WAKIE WAKIE」は札幌TONE CAT RECORDSからリリース、長い付き合いで明日も共演のTOMMY君と初めて会ったのも札幌、我等を初めて認めてくれたSKAバンド 髭楽団も札幌、A.saxのショウジ君はex.Triple Slott等々、挙げればキリが無いぐらい。「第2の故郷」と勝手に呼んでいます。
まーマジで、札幌というシーンが無ければ今の我等もおそらく無いんですよね。あったとしても違う形になってたかも。
「腰が重くてキング・ザ・100t」で有名な我等が(解りにくい)、今回オファーをいただいてほぼ即諾させていただいたのは、「10年前の我等との勝負」をしに行きたいと考えたからです。自分達的にはこの10年間自分達なりの「Killer Ska」を追求してきたツモリでいます。北の大地から10数年間変わらず我等を応援してくれた仲間達とお客さんに、改めてThe KING LIONのSKAをご精査いただきたく思っております。
 
The KING LION、SKA演らせていただきます。
とびっきりのKILLER SKA、ご期待ください。
ジンギスカンも食います。ジンギSKAンです。お解りですね。
 
e0314002_21521396.jpg


SKA DELIGHT 2016
2016年8月20日(土)
PROVO(札幌市中央区南6条東1丁目-2 KIビル3F)
OPEN&START 18:00
前売 3,000円 / 当日 3,500円
 
LIVE ACT>>
The KING LION(秋田)
モッチェ永井(東京)
qimygo(東京)
Tropicos(東京)
beat sunset(札幌)
Triple Slott(札幌)
 
DJ ACT>>
TOMMY FAR EAST(Far East Records / 東京)
TOP DOCA(こだまレコード / 静岡)
Harashi(Shanty Town / 東京)
Tabura(後藤音楽興行 / 札幌)
KiNTA(髭楽団 / 札幌)
Elmar-D(KitaKamado / 札幌)
Jamaica Calling Allstars(札幌)
 
Facebookイベントページ>>
https://www.facebook.com/events/1751414488469719/

e0314002_21523775.jpg

[PR]
by billyken69 | 2016-08-19 21:58 | The KING LION | Comments(0)

ラジオとぼく

e0314002_1704455.jpg


若い頃は伊集院光のOh!デカナイトリスナーでした。AMです。
オールナイトニッポンも録音して繰り返し聞いてました。こちらもAMです。
今一番好きな番組はテレビ・ラジオ含めダントツでサンドリです。多くは語りません。闇の社交場なので。

そんなラジオっこな私。
告知等でよく番組にもおじゃまさせていただき、毎回色々ベラベラと喋るのですが、これはボクにトーク力があるのでは無く、パーソナリティさんに圧倒的な「聞く力」があるのだと思ってます。
手のひらの上で踊らされているんです。感謝していますホント。

エフエム秋田開局30周年記念コンピレーションアルバム「Do You Remember Local’Roll Radio?」にThe KING LION参加させていただきました。
The KING LIONはガキの頃から耳にしてた『じぇいおーぴーゆーえふえむあきった~』ってフレーズを強引にSKAアレンジさせていただいております。わかるかな~。

2/21(日) LOUD Affectionにて開催されるレコ初企画「Do You Feel Local'Roll Radio?」にも出演させていただきます。13:30スタートな健全なイベントです。
不健全な我等ですが、頑張って早起きして真昼間からSKAやります。
14時頃演奏開始の予定です。
高校生以下無料なのでお子様連れでも是非!

----------------

Do You Remember Local’Roll Radio?レコ発ライブ
「Do You Feel Local'Roll Radio?」


2016年2月21日(日)@LOUD Affection
OPEN >> 13:00 CLOSE >> 19:00
ADV:1,000円 / DOOR:1,500円(1D別)

LIVE ACT>>
An-VEINGER'z
gyro-captain
The Mori's Dadd
The KING LION
石川コウ
halos
砂丘


※高校生以下無料
※先着50名様に「いとしのムーコ×エフエム秋田 コラボステッカー」プレゼント

e0314002_1653184.jpg


--------------

エフエム秋田開局30周年記念コンピレーションアルバム
「Do You Remember Local’Roll Radio?」
2015年12/15(火)発売
1,500円(税別)

<収録曲>
1. 真夜中のヘッドホン / 青谷明日香
2. ギヴ・ミー / PAL from JIKEI SAUCE
3. VALI-iii / An-VEINGER’z
4. My Name is Rock’n Roll(made in wave) / gyro-captain
5. OK RADIO / The Mori’s Dadd
6. 30skation / The KING LION
7. あなたとラジオと、どこへでも / 英心
8. Voice / 羅漢
9. ふつおた / 松本英子
10. 己の尻に火をつけて / 石川コウ
11. 明るい夜 / 砂丘
12. 鞄の中 / halos
13. radio and tape recorded memory / satohyoh

エフエム秋田本社、細川レコード、一部を除く県内のローソンで好評販売中

e0314002_1652250.jpg

e0314002_16521130.jpg

[PR]
by billyken69 | 2016-02-20 16:53 | The KING LION | Comments(0)

「予定調和を崩す」



The KING LION" & VJ KUNITSUKA(Spike-Bloom)
Invisible Ska - Outro
「halosとLion」 20151212SAT@LIVESPOT2000

俗に言う「悪い音」が大好きで。Hardcore PunkやPsychobillyがボクの根っこにはあるのですが、辿り着いた「世界で一番悪い音」がSka Muzik。そのSka Muzikの中でも俗に言う「悪い音」を追求してまいりましたが、16年目にしてこんな終わり方もできるようになりました。人数少なめ編成だったり(メインMCも不在verという)、ライブ当日にセットリスト大幅変更したりとドキドキしながら上がったステージではございましたが、VJ KUNITSUKAさんの素晴らしい空間演出にも背中を押されなんとか着地できました。ラストのオマケは曲終わりがけにステージ上で思い付きその場で仕上げた新曲。メンバーの皆様、すいませんでした(←)(T.Saxソロ終わりバック隊のドタバタ感) 「OUTRO」と名付けます。

「予定調和」を崩す事に重きを置いたであろうこの企画。終始化学反応が発生しまくり、未来に繋げる何かが生まれた一夜となりました。我等も凝り固まった世界観を一度破壊し再構築する勇気をいただきました。全ての出会いが次なる一歩を作り出してくれるのだと思います。

20年前、10年前、5年前。
その頃は全く想像もできなかったこの組み合わせ。
何故無かったのか。
何故変わったのか。
何故このタイミングだったのか。
何故想定外だらけの一夜になったのか。
思い返してみれば、全ては繋がっていたのだと思います。

「予定調和を崩す」という「予定調和」すらも崩されたhalosとLion。
良い闇鍋でした。

ご来場いただいた皆様、応援してくださった皆様、LIVESPOT2000ならびにスタッフの皆様、VJ KUNITSUKAさん、PA千葉さん、そしてhalos。えーと、その、アレだ、サンキュー(軽)

-------

企画発案段階で『予定調和』を目指していたら決して辿り着けなかったであろう、主催者・出演者含め会場中誰もが想定していなかった着地点。
これぞ違和感からの一体感。halosのぶっつけ本番SKA演奏も流石。仕上がったなぁ。

halos + The KING LION + 英心(Drums) + VJ KUNITSUKA + PA 千葉剛志


解説:halos草階亮一からキングホーン隊に対し「無茶ブリぶっつけセッション」という鬼のサプライズプレゼントをいただいたので、モッティをドラムから引きずり下ろしトロンボーンを持たせ(The KING LIONですから)、たまたま会場に居た英心君にドラムを叩かせるという修羅のサプライズ返しを炸裂した結果偶然生まれた、凄まじいパーティー感
[PR]
by billyken69 | 2015-12-16 23:18 | The KING LION | Comments(0)

長文『halosとボク』

e0314002_21232759.jpg

e0314002_2123537.jpg

写真は去年の今頃。
「halosとLion」がちょっと動き出した瞬間。

12月12日(土)、秋田LIVESPOT2000にてロックバンド「halos」とスカバンド「The KING LION」の2マンライブが開催されます。
halos企画「halosとLion」です。
ロックとスカです。
日本を代表するVJの一人、VJ KUNITSUKAさんも招集です。
何故この2マン?
よく聞かれます。
オファーされた側なのでその真意はhalos草階亮一にでも聞いていただければと思うのですが、実はこのオファーをいただく前からボクも考えていたのです。
「今年のThe KING LIONのライブはhalosと2マンやりたいなぁ」と。
実際、企画内容練ってから来週電話しようと思ってたその翌日。
halos草階亮一から逆オファー電話をいただきました。
相思相愛な感じで気持ち悪かったです。
何故この2マン?
何故なんでしょうね。

僕がhalos及び草階亮一という存在を強く認識したのは、いつかのGAME OF DEATH新年会からでした。
halos前のバンドが確かHEAD SLIDER。
ご存知の方はご存知かもしれませんが、HEAD SLIDERのライブは会場の空気をカオスにしちゃいます。
しちゃうんです。(確認)
しちゃうよね?(再確認)
そんなモミクチャ後のhalos。
草階亮一が静かにギターを奏で、一発声を出した瞬間。
カオスだった会場の空気は一変しました。
その瞬間から、僕はhalos草階亮一のトリコです。
全部持っていかれました。
ああ、この人はバンドの流れも、その場に存在してる空気も、何も関係無いんだ。
この人が持っている「空気感」という、恐ろく強力過ぎる武器。
天性かもしれない。
努力の結果かもしれない。
どちらもかもしれない。
そんな事もどうでもいい。
ただただ「強いぞ、この人は」「悪いぞ、この人達は」「極悪だぞ、halosは」
そう思いながらhalosのステージを見ていたのを覚えています。

そもそも、halos草階亮一とちゃんと話すようになったのはそんな昔ではないんですよね。
年齢も音楽歴もほぼ一緒。
そんな近い環境にいつつも、昔は全く絡みが無かったハズ。
(ステロバと対バンは1度も無かった)
(TEEN'S MUSIC FESTIVALでは対バンしてたらしい)
(ティーンズ!!)
なんでですかね?
まー、あれでしょうね、ボクがいけなかったんでしょうね。(笑)
若い時、二十代前半ぐらいまではもっと頭の中がガチガチでしたから。
「PUNKしか認めない!」「悪い音しか認めない!」「速い曲しか認めない!」
的な。
若かったのですかねえ。
それが間違っていたとは今でも全く思っていませんが。
若い時は「変わらぬ格好良さ」が全てだと思っていました。
年を取ってよかったと思うのは「変わっていく格好良さ」という物にも気付けた事でしょうか。
どちらが正しいワケではありません。
ただ、奏でる音の背景にある「イキザマ」をなんとなく感じれるようにはなってきました。
「イキザマ」が伴わない音にはあまり興味がありません。
halosというバンド。
草階亮一という男。
それが奏でる音にはいつだって「イキザマ」が見えます。
それですかね。
ボクがhalosとやってみたいと思った理由は。

ダラダラと書きましたが、仲良しこよしなライブをやる気は全くありません。

halos
The KING LION
VJ KUNITSUKA
秋田LIVESPOT2000
PA 千葉 剛志

「異色2マンなんだから、とことん非現実空間を作り上げよう」
その点はhalos草階亮一と意見が一致しました。
それが今回の「halosとLion」です。

異色?
混沌?
必然?

全ての答えは2015年12月12日(土)。
ええ空間作りまっせ。
ガッツリ60分濃密なKILLER SKA炸裂させます。
今まで無かった一つの「The KING LION」のカタチ。
ご期待ください。

------------------

halos × The KING LION 2MAN GIG
「halosとLion」

2015年12月12日(土)
LIVESPOT2000 (秋田市中通4-5-9 1F)
19:00 OPEN / 20:00 START
ADV:¥2,000 DOOR:¥2,500(+1drink)

イベントページ参加クリックで前売り予約対応いたします
https://www.facebook.com/events/1651520298456694/

ACT>>
halos
The KING LION
VJ KUNITSUKA(Spike-Bloom)

TICKET INFORMATION>>
LIVESPOT2000(TEL:018-831-9600)
及び各バンドのオフィシャルサイト、SNSのメッセージ、コメントなどでも受付ます


------------------

「何かが繋がればいい」
ここ数年の個人的テーマの一つです。
この日も、何かが繋がれば最高だと思っております。
皆々様のご来場をお待ちしております。







[PR]
by billyken69 | 2015-12-07 21:23 | The KING LION | Comments(0)

第5回郡山スカフェスティバル - The One Sessions 郡山公演

e0314002_332989.jpg

レペゼン郡山 ONE STEP BUSプレゼンツ「第5回郡山スカフェスティバル」にThe One Sessions (The KING LION A.K.A)で出演させていただきます。誘ってくれたワンバスシャア君ありがとう!
前回はHEAD SLIDERで出演させていただきました。3年ぶりの郡山の皆様やお久しぶりの皆々様、なんだかんだ言って毎年会ってる髭のみんなや173先輩、BOBO君や北島君との再会も楽しみです。ナイスメンツです。人が人を呼ぶのです。ワンステならびにシャア君Respect。
The One Sessionsとしては駆け出しの我等ですが、なんとかええSKA奏でられるよう精進いたします。よろしくお願いいたします。

--------------

ONE STEP BUS pre
第5回 郡山スカフェスティバル


2015年10月24日(土)@ 郡山CLUB#9
福島県郡山市駅前2-7-15
OPEN / START >> 17:30
ADV:2,500円 DOOR:3,000円(1D別 500円)
チケットぴあ Pコード 276-505

LIVE ACT>>
ONE STEP BUS
ONE TRACK MIND
髭楽団
SKAFF-LINKS
THE AUTOCRATICS
Cubetone
The One Sessions (The KING LION A.K.A)

DJ ACT>>
INAMI(東京ロンドン化計画)
MA☆SA (東京ロンドン化計画/Facing Facts)
金田貴之 a.k.a つぼ8 (Tighten up/Cool Jerk Club)
BOBO(CLUB SKA/UP&UP)
北島友太(UP&UP)
オオホリマサキ(Cubetone/UP&UP)
7010。(Acoustic Action)
KiNTA(髭楽団)
ビリケン(HEAD SLIDER)

FOOD>>>
Brutal Kitchen おぐろ
Ordinary Coffee

Facebookイベントページ>>
https://www.facebook.com/events/868879563201981/

e0314002_345167.jpg

e0314002_351954.jpg

[PR]
by billyken69 | 2015-10-04 03:05 | The KING LION | Comments(0)

The One Session Movie



The One Sessions (The KING LION A.K.A) Full Show - 27/06/2015
生音フロアライブ。メンバー確認用で撮った定点カメラからの一部のモッティマニア受けのアングルではございますが、作業用BGMとしてでもどうぞw

-----------

「ライブハウスじゃなくとも演奏できる形態を確立したい」

そんな考えを数年間抱いておりましたが、それよりも前にそもそもライブハウスでのパフォーマンスもまだまだ課題が多く、去年は去年で15周年イヤーでわちゃわちゃでそこまでの余裕が無かった(という言い訳してやらなかった)のが実情でした。
去年のキング忘年会で初めて議題として提出し、その時々で参加可能な少人数で変動的にできるのも僕の中での必須条件でしたので、だったら別名義でキングの曲一切やらないカバーバンドとして新しく動かそうという結論になりました。それが「The One Sessions」のざっくりとした原型イメージでした。

The KING LION結成から16年目。ほぼ素人集団から始めたバンドにも関わらず、カバーをやるとしても「ちょっとヒネくれた系(笑)」しか選曲せず、思い返せばFoundation Skaを全くと言っていいほど演奏せずにおりました。(名曲Freedom Soundsも去年のTHE SKA FLAMES秋田公演でのセッションを機に初めて練習したぐらい)


全く持って「そのぐらいやっておきなさい」という話で、我等の中でもそれじゃマズいだろという話を以前よりしており、というよりはむしろ演ってみたいという気持ちが年々強くなっていたのです。

なんだかんだと放置していたのですが、春先にイメージがどんどん強くなりました。
「やるならトコトンFoundationやってみよう」「掘り下げる事で秋田シーンの活性化にも繋がるかも」「完コピ目指す?」「いや、ちょっとイジりたい」「新しいニオイ提示したい」「アコースティックカバーなんてどうだろう」「生音でやれるかも」「そりゃ演奏場所選ばないぞ」「人数も変動的に対応できるようセッション色強くしよう」「とにかく一回スタジオ入って皆で考えよう」
進藤tbと曲決めて初めてスタジオに入ったのが4月。5月のMUZIK2015でのデビューをスタジオ前に早々と決めてしまっていたので(←)まーわちゃわちゃな1ヶ月でした。なんとか初ライブを終え、その時の反省点を踏まえ再構築したのが今回アップした27/06/2015@GAME OF DEATH vol.139公演です。直前でフロア生音で演ろうと決めたりと、またまたわちゃわちゃではありましたが、スカ自体初めてだったりとほぼ初見のお客さん達の歓声が曲が進むにつれてどんどん大きくなっていったのがかなり嬉しかったです!

まだまだ演奏もアレンジも未完成でやらなければならない事は山積みですが、やれる事・やりたい事も山ほどあります。ぬる~くやってくのでご愛顧の程よろしくお願いいたします。
最少4人から場所・音響設備等選ばずドコでもやれます。ご愛顧のほど。
オファーお待ちておりますw

e0314002_17203556.jpg

e0314002_17202015.jpg

e0314002_1717741.jpg

The One Sessions(The KING LION A.K.A) - 2015/06/27/SAT
Trombone:Makoto Shindo
Trumpet:Syuhei -Chonvo- Taguchi
Tenor Sax & Soprano Sax:Koji Yokota
Trombone:Toshiaki -Motty- Morokoshi
Melodion:Miwako -Tammy- Takahashi
Drums:Yasuhiro Kaizuka
Guitar:Hiroaki Tosa
Bass:Kenichi -Billyken- Ito
Vocal:Gera Small
[PR]
by billyken69 | 2015-07-01 21:00 | The KING LION | Comments(0)

BIG SHOT前夜 - The KING LION十五年史

改めましてBIG SHOT 15周年 & THE SILVER SONICS 20周年おめでとうございます。そしてこんな素晴らしい誕生会に呼んでいただいた事。光栄に思い、心から感謝しております。
The KING LION、「奇しくも」今年15周年でございました。
1999年6月結成、11月初ライブ。初ライブで演奏したのはTOKYO SHOT / THE SKA FLAMESとSKA CHAMPION / DETERMINATIONSでした。ホーン隊は全員楽器初心者でした。ドとレとミとファとソの音が解らないってヤツです。バックもそうです。スカのSもジャズのJも理解できていませんでした。(今も多分理解できていません)結成当初はスカマンというよりは、スカのヤバさに気付いてしまった秋田パンクスの集まりだったと思います。何も出来ない、何も解らない、ただ、SKA MUZIKへの憧れは誰よりも強いメンバーが陸の孤島・秋田県に偶然集まってしまったのがThe KING LIONです。もちろん当時周りにスカバンドやスカシーンなど存在しておらず(初期にやったスカイベントはほぼ身内のお客さん3人とか)、何が正解で何が間違いかも解らないまま暗中模索し続けました。ただ、周りに影響される事無くマイペースで続けられたのは自分たちにとって良い事だったと最近強く思います。手探り状態の中、なんとなくですが、自分達の方向性を掴むまでは数年を要しました。「世界で一番KILLER SKAを演るバンド」。精神的な目標は他にもあるのですが、バンドの音として求め始めたのはそこでした。KILLER SKA。人それぞれによって様々な解釈があるのは十分承知しておりますが、スカファンがその単語を耳にして一番最初に頭に浮かぶあの空気感。我々はそれを求め始めました。まぁ、単純に僕がそんな曲しか作れないからってのもあるかもしれませんが。生まれがパンク畑なもので、スカにハードコアパンクの一要素を求めてしまっているのかもしれませんね。先日の15周年企画にも来てくれたトミー君がリリースしていた「TOMMY TAPE」シリーズ。それが当時我々の最高の教科書でした。多くの事を学ばせてもらいました。彼が居なければおそらく現在のキングライオンは無いでしょう。個人的には、彼のTAPEで初めて聴いた「INDEPENDENCE 65 - PRINCE BUSTER ALL STARS」。脳天ブチ抜かれました。あの空気感が僕の中での「スカ」という音楽の基本認識です。そうして色々な繋がりができていき、何度目かのターニングポイントを迎えます。札幌・髭楽団との共演です。我々のライブが終わった後、髭楽団のメンバーが皆集まってくれて絶賛してくれたのです。自分が記憶では、この日がキングライオンが他のバンドに初めて認められた日でした。先述した通り、正解も不正解も解らず、周囲から肯定も否定もされぬまま活動してきたので、半信半疑になりつつも「やってきた事が正しい」と初めて認められた気がしました。あの時の事は決して忘れる事はできません。その日をきっかけに、同行していた「TONE CATZ RECORDS」ドン小西社長からCD音源のリリースの話をいただき、自主レーベル「LAST CALL RECORDS」の立ちあげならびに7inchリリースへと繋がっていきました。髭楽団の皆には今でも感謝の気持ちでいっぱいです。良き(元)レーベルメイトであり、良き不良先輩であり、戦友です。髭楽団あっての今の我等です。一時は順調に見えた活動も、何度か停滞していた時期もありました。年頃の頑固な中年の集まりなので、まぁいろいろあります。曲がり角ってヤツです。この曲がり角を越えれば、この曲がり角を曲がったら!!とマイペースに磨きをかけて超徐行運転で危険回避、曲がり角曲がったら超ヘアピン等々、正直苦しい期間もありました。虫の息だったその時、急にフッと前が開けた瞬間が訪れました。それが約2年半前です。ここだ!と我々はアクセルを全開に踏みつぶしました。その直線がいつまで続くかは解りませんでした。経験上、また再び大カーブが来るのも解ってます。ただ、我々はその道に賭けるしかなかったのです。それが2012年の東京公演@UP&UP vol.100でした。こんな我々を忘れずにいてくれたBOBO君や北島君をはじめとするUP&UPの皆の気持ちが本当に嬉しくて、鈍りきった身体にムチを打ちまくりました。フルメンバーでの出演は無理だったものの、そのムチ打ちがその後の我々の新しい基本運営のベースになりました。あのオファーが無ければ今の我々もありません。そして2012年、2013年と変わらずマイペースではありつつも、何かが変わった事を皆感じながら活動を続けてきました。そして2014年。なんだかんだと気付けば15周年を迎えてしまいました。そこに待っていたのは「THE SKA FLAMES秋田公演」という身に余る奇跡です。なぜこの公演が実現したか。よく聞かれますが、その点については(身内以外には)曖昧にしか答えてませんし、自分の口から公に発する事は今後も無いと思います。ただ、「スカの神様が導いてくれた」のだと思ってます。以前書いたキングコラムにも何度かそんな単語が登場していましたが、本当にそう思っています。スカの神様は実在します。そんなスカの神様のお導きによって、明日BIG SHOT 2014に出演させていただきます。主催のグッチさんももちろん大切な恩人の一人です。先述した楽器初心者のホーン隊の何人かが楽器を持ったきっかけは、BIG SHOTの1回目を観に行ったからです。その興奮が冷めないまま楽器屋に走ったメンバーもいます。そう、BIG SHOTが無ければThe KING LIONはこの日を迎える事は無かったのです。そんなBIG SHOT、11年ぶりの出演です。何も解っていなかったあの時と何か変わっているのか、自分達の方向性は正しかったのか、自分達は成長できているのか。その答えはまだ解りませんが、現時点での心から自信を持って出せるThe KING LION 15年の集大成です。自分の理想構成であるフルメンバー13人。数年に一度のタイミングでしか揃わない13人です。来年揃う事ができるかも定かではない13人です。おそらく明日以降数年見る事ができないのではないか?ぐらい思っています。お手柔らかに、且つ、ご期待ください。


的な事を本当は明日歌のお兄さんにステージで言って欲しいんだけど、MCに難がある故、絶対正しく伝える事ができないと思うので先に書いておきました。ちゃんちゃん。東京よろしくー。

---------------

The KING LION - 2014 Full
Vocal:Masaru Watanabe
Wood Bass:Kenichi -Billyken- Ito
Drums:Yasuhiro Kaizuka
Guitar:Yoshinari Ise
Guitar:Takayuki -Pon- Ikeda
Alto Sax:Hideaki Syoji
Tenor Sax:Syun Watanabe
Tenor Sax:Koji Yokota
Trombone:Makoto Shindo
Bass Trombone:Toshiaki -Motty- Morokoshi
Trumpet:Syuhei -Chonvo- Taguchi
Piano&Hammond&Pianica:Miwako -Tammy- Takahashi
Vocal:Gera Small

e0314002_23345080.jpg
e0314002_23351433.jpg

[PR]
by billyken69 | 2014-11-21 23:35 | The KING LION | Comments(0)

秋田県秋田市でバンドやらイベントやらディージェイやらやってます。GAME OF DEATH、HEAD SLIDER、The KING LION、笑顔、適当、本気


by billyken69
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite